①      ガラスブロックが組み込まれた棚のある趣味室。小物を飾るための棚は、外観のアクセントにもなっています。
 ②③④⑤⑥⑦ ダイニングテーブルと一体になったキッチン。キッチンの床を下げることで、キッチンの高さを押さえ、水平ラ
        インを揃えることで、ダイニング テーブルとの一体感を増しています。
 ⑧       階段をOPENな配置にすることで、リビングを広く感じさせ、目線の変化も楽しめます。
 





 ①   キッチンを一段下げることで、ダイニングチェアをそのままキッチン前に持って行っても使用可能です。
 ②③  床は唐松の無垢材、天井はシナベニアで仕上げています。
 ④   小物用の棚をガラスで製作した、一階のトイレ。
 

 ⑤   2階のトイレ。シナベニアの白木と黒いクロスを対比させています。
 ⑥   洗面室。洗面器は実験室用の大きく、底が平になったものを使用。仮洗いなどに便利です。
 ⑦   子供室の床は、杉の無垢材で仕上げています。
 ⑧   1階トイレの飾り棚です。
 ⑨   主寝室の床は、真っ白なシートで仕上げました。ベッドの茶色が入ることで、バランスの取れた色彩になります。
 


 ①   ガラスブロックから入る光。光りが乱反射するガラスブロックを選びました。朝日の時間だけこのように光ります。
 ②③  外から見たガラスブロック。内側にセロファンを貼り、クリスマスカラーにするなど、季節ごとに楽しんで使って頂い
     ているようです。
 

 ④⑤⑥  夜景。和をベースにしたモダンなデザイン。
 ⑦⑧   玄関の床には、黒玉石を埋め込みました。天井は箱型に組み、照明を設置しています。
 ⑨    階段。手摺は無垢の木材で製作しました。
 ⑩    浴室への渡り廊下。隣地から見え難い、低い位置に窓を設けました。視線を気にせず庭の緑を楽しむことが出来ます。


  茨城、建築家、つくば、デザイン、設計、監理、守谷、つくばみらい、ローコスト  茨城、建築家、つくば、デザイン、設計、監理、守谷、つくばみらい、ローコスト 茨城、建築家、つくば、デザイン、設計、監理、守谷、つくばみらい、ローコスト

趣味と暮らす空間

外観は、黒いガルバリウム鋼板と杉板で構成された、「和」を感じさせるデザイン。
正面の四角い穴には、ガラスブロックが埋め込まれている。クリスマスには、セロファンでクリスマスカラーで彩られる。
室内側からは、それぞれが独立した飾り棚となり、趣味で集めた小物たちが並ぶ。
キッチンは一段下げ、ダイニングテーブルと一体に形成されるよう設計した。
随所に遊びの空間がちりばめられた家となった
。