仕事の流れ   (住宅の場合です。建築種別、規模等により異なる部分があります。)

    内容 提出図面等  料金・その他  
1.まずは…
お気軽に御連絡ください。
少人数で運営しているため、事務所を留守にしている場合もあります。
電子メールによるアクセスが一番確実です。


           
2.面談・ご相談
建物をご一緒に設計していくとなると、非常に長いお付き合いとなります。
設計能力もさることながら、お互いの相性もとても重要です。

設計方針の説明や、過去の作品のプレゼンテーションを行います。
敷地図他、建設地の資料があれば、より具体的なご相談が可能です。
土地ご購入前のご相談もご遠慮なく!

      無料です。
3.検討資料の作成
ご要望を反映した、オリジナルの基礎的な図面を作成します。
ご契約に至った場合、以降の打ち合わせの叩き台となる図面になります。
※提出案に至るまでの経過プランもお渡しし、考えを説明いたします。
※ご契約後の大きな変更にも対応いたします。

設計・監理契約をするかどうかの判断材料としてください。

※土地をお探し中の方でも承ります。


設計条件等をお聞きした上で、ご相談に応じます。
費用が発生する場合は、事前にお見積りいたします。
※頂いた金額は、設計監理契約に至った場合、設計監理料から差し引きます。

4.設計・監理契約
基本設計開始に先立ち、設計・監理契約を結んでいただきます。

設計監理契約書
設計監理料の15%
(設計・監理契約時)

 
5.基本設計
より詳細な条件に基き、設計を行っていきます。
二週間に一回程度の打合せを行い、建築の大枠を決めて行きます。

基礎計画案から大きく変わっても対応いたします。

配置図 
平面図 
立面図
断面図 
模  型 
その他、竣工後のイメージを伝えるもの。

設計・監理料の25%
(基本設計終了時)
 
6.実施設計 
建物を見積り、施工するための、詳細な図面を画いていきます。


実施図面  1/5〜1/1000

竣工後のイメージを伝えるもの。(模型・パース)

設計・監理料の20%
(実施設計終了時)
 
7.見積り依頼
ご指定が無ければ、構法や地域に合わせ、信頼できる施工業者に見積りを依頼します。
見積りは、蓄積されているデータ等に基づき内容をチェックします。
ご希望により、数社での相見積を行うことも可能です。
また、お知り合いの施工業者様へのお見積り依頼も承っております。

※見積りを依頼する施工業者とは、良好な施工を行なってもらうこと以外の利害関係を持ちません。
  
お見積書
  
   
8.見積り調整
見積りの内訳を審査すると共に、ご予算に合わせた調整を行います。

調整見積書
調整図面
  
 
9.確認申請業務
担当窓口に必要書類を提出し、建築工事を開始できる状態にします。
都市計画法上の申請手続きが必要な場合は、確認申請前に行います。
※都市計画法等の申請手続きは別料金になります。

 
 
 
10.施工請負契約
厳格な第三者監理を行なうため、施工請負契約は施工業者とお客様の直接契約となります。

実施図面一式 設計・監理料の10%
(施工契約時)

 
11.現場監理
設計図面通りに施工が行われているかどうか、チェックします。
特に注意が必要な工程とは別に、週一回程度現場に行き、監理業務を行ないます。
お客様参加の現場打合せを隔週で行なっております。(ご希望される場合)

  
設計・監理料の15%
(上棟時)
 
12.竣工・引渡し
世界に一つしかない建物の完成です!

竣工図を提出いたします 設計・監理料の15%
(竣工時)
 



工期について


概略スケジュール
40坪程度の木造在来工法住宅の場合、設計開始から竣工まで一年前後かかります。

設計…3〜5ヶ月程度(理想的な建物になるよう、打合せと修正を繰り返します。提出案をご検討頂く時間も含めますと、長い期間が必要になります。)
見積り・見積り調整…1〜2ヶ月程度(見積期間2週間程度、調整期間1ヶ月程度とお考えください。項目だけの大雑把な見積ではなく、細かく見積りますので、時間がかかります。)
工事・現場監理…4〜6ヶ月(工事時期や立地条件他、諸条件により異なります。)



TOP