①   ①   道路側より。外壁は、左官仕上げとガルバリウム鋼板出仕上げています。
     和室の小さな窓がありますが、道路側は閉ざされたイメージ。
 ②   コノ字型のプランは、庭を建物と一体化する効果と、プライバシーを保ちやすくする効果が
     期待できます。
 ③④⑤ 門柱は、コンクリートとガラスで作りました。積み重ねられたフロートガラスは夜間の演色
     照明をあてることで、
 
 ③




 ①③  壁は珪藻土で仕上げています。トップライトから差し込む光りが北側の奥まったスペース
     を明るくしてくれます。
 ②   和室はリビングと一体的に。障子の付いた窓は、外部に突起した形状となっており、ディ
     スプレースペースを兼ねています。
 ④  階段ホール
 ⑤  洗面台
 ⑥  玄関カウンターは門柱とイメージを合わせて製作しました。内部に照明を仕込んでいます。



  茨城、建築家、つくば、デザイン、設計、監理、守谷、つくばみらい、ローコスト  茨城、建築家、つくば、デザイン、設計、監理、守谷、つくばみらい、ローコスト 茨城、建築家、つくば、デザイン、設計、監理、守谷、つくばみらい、ローコスト

コノ字型の家

閑静な住宅街に位置する家です。
道路や近隣住宅の配置により、道路側からの視線を和らげる、庭を挟み込んだようなコノ字型のプランとなりました。
内外ともに左官仕上げの壁材で仕上げ、シャープさの中に温かみも感じられるデザインとしています。