①② ガラスの壁で囲われた部分は待合室。フロアレベルにあわせたウッドデッキが、外部への繋がりを作っています。
 ③ レッドシダーの塀の内側は、中庭になっています。空気の流れがありながら、視線を遮ぎるよう貼り方を工夫しています。




 ①②③  道路側、駐車場からのファサード。住宅の存在を感じさせないデザインとしました。
 ④⑤   ガラス張りの待合室。医院の雰囲気が伝わるようなOPENなデザインとしました。
 ⑥   右手奥が医院のエントランス。レッドシダーで自動ドアを作りました。




 ①  待合室前の斜めの柱が、道路と医院との間に適度な隔たりをもたせています。それは、受付に座ったスタッフが、道行く
    人に会釈できるくらいの距離感であり、患者さんが安心してくつろぐことが出来る間を作り出します。
 
 ②③ 診察室は中庭に面した開放的な空間としました。
 ④  キッズコーナーと待合室。
 ⑤  かわいい小物が随所に並んでいます。 




 ①  エントランスの飾り棚。スチールの薄板で作成しました。
 ②  キッズコーナーは、タイルカーペット張りとしました。
 ③  歯磨きコーナー。ガラスブロックから、優しい光りが差し込みます。
 ④⑤ 患者用トイレ。ハイサイドライトから光を取り込んでいます。
 ⑥  待合室。奥のレンガ調タイルの壁がアクセントになった空間。同系色で質感を買えることで変化をつけています。 


  茨城、建築家、つくば、デザイン、設計、監理、守谷、つくばみらい、ローコスト  茨城、建築家、つくば、デザイン、設計、監理、守谷、つくばみらい、ローコスト 茨城、建築家、つくば、デザイン、設計、監理、守谷、つくばみらい、ローコスト


ヒロ歯科クリニック(歯科医院併用住宅)


住宅併設の歯科医院であるため、医院としての公共性と、住居としてのプライバシーが求められました。医院は気軽に立ち寄ることが出来るような、街に開いたイメージに。待合室前の斜めの柱が、道路と医院との間に適度な隔たりをもたせています。それは、受付に座ったスタッフが、道行く人に会釈できるくらいの距離感であり、患者さんが安心してくつろぐことが出来る間を作り出します。

2階の住居部分は、ウッドデッキが、人工地盤のように各部屋を繋ぎ、外部と連続した空間を作り出します。デッキの周囲を壁や木製のフェンスで囲むことにより、プライバシーを守りました。トップライトを効果的に配置することで、明るさを確保し、垂直方向へ向かう開放感を演出しています