①  L型のプランにより、奥行きの感じられる外観となっています。
 ②  リビング前のデッキスペース。
 ③  軒天の見上げ。
 ④  背後の竹林と相性の良いデザインとなっています。
 ⑤  リビングの壁は、珪藻土と杉の無垢板で仕上げています。杉は方向を変えて貼ることで、大きな面に躍動感を
    与えています。
 ⑤ 
 



.
 ①②  黒御影石貼りの玄関。ピクチャーレールも設置してあります。
 ③   ダイニングスペースは、掘り炬燵のある和室。
 ④   リビングは大きな吹き抜けのある開放的な空間。階段をインテリアとして組み込んでいます。
 
 ⑤   洗面室。カウンターはゴムの木で作成しています。
 ⑥   廊下突き当たりに飾り棚を設けるました。
 ⑦   脱衣室前のウッドデッキ。洗濯物を干せるようパイプを通してあります。奥は浴室前の坪庭です。
 ⑧   左手白木壁のうち、光の漏れる格子状の部分は脱衣室の目隠し、奥の板張りの部分は浴室前坪庭を囲っています。

  茨城、建築家、つくば、デザイン、設計、監理、守谷、つくばみらい、ローコスト  茨城、建築家、つくば、デザイン、設計、監理、守谷、つくばみらい、ローコスト 茨城、建築家、つくば、デザイン、設計、監理、守谷、つくばみらい、ローコスト     

牛久の家


庭を囲むように、L字に構成されたプラン。杉板の外壁が北側の竹林に引き立つ、和を感じさせる住宅。深い軒が、心地よい日陰を作り出す。寝室以外は一階に配置されており、一階の居室を寝室とすれば、階段を上がらなくても生活できるようになっている。リビングの壁は、珪藻土と杉の無垢板で作られている。杉板は三方向に分けて貼られており、広い壁面が単調にならないようデザインされている。